体験記

コーヒーエネマ体験 その7

コーヒーエネマ体験 その1&2  その3&4  その5&6

前回は3週間ぶりのコーヒーエネマだったのですが、
その後、立て続けに8回目と9回目を連日行いました。

やっぱり、ある程度は続けてやったほうが効果があるだろうな〜っていうのと、
前回、コーヒー液が1000mlと少なめにしたので物足りなかったこと。
さらに結構固体がたくさん出たような気がするんだけど、
そのうえで連日やったとしても、また同じように固体は出てくるのかという興味。
ということで連日やってみたのです。。

8回目も9回目も両方コーヒー液の量は1200ml。
昨日やって、やり方は思いだしていたので、
まったく問題なく注入を完了して、トイレでいつもどおり排出!!

そしたら、やはり出ますね〜〜
なんだか固体が結構たくさんね。それも黒いやつが。。
昨日はかなり出たと思ったんですが、まだたくさんあるんですね〜
連日やってもこんなに出るってことは相当な量の宿便が溜まってるんだなって思う。

で、やっぱり今回も超スッキリ!
これで3日連続でのコーヒーエネマ。
明日はできないと思うんだけど、また数日中にやろうと思います。

しっかり実践して体内の毒素は出し切りたいですね。

コーヒーエネマ体験 その8へ


コーヒーエネマを始めるならスターターキットがお得!!


コーヒーエネマ体験記TOPへ

コーヒーエネマ体験 その8(注意点)

とりあえずここまで9回のコーヒーエネマを行ったのですが、
私の経験した中からの注意点をまとめておこうと思う。

1.コーヒー液は36〜37℃

だいたいこれくらいの温度で行いましょう。
熱かったり冷たすぎるとダメ。注入したときに早く便意を催してしまったり、
極端に違う温度でやると相当痛いことになるようです。。
コーヒー液の温度を計るための温度計を用意しておきましょう。
私は体温計を使っちゃいます。


2.コロンキットの液止めクリップが締まってることを確認してから
コーヒー液をコロンキットに入れましょう。


さもないと、せっかく作ったコーヒー液がそのまま漏れてしまいます(笑)


3.注入途中で便意を催したら、無理せずにトイレへ。

まだコーヒー液が全部入ってないからといって、
便意がきているのに我慢しすぎると危険なことになります。
もちろん我慢しきれればOKですが、我慢できないと。。


4.極端に勢い良く注入しすぎないこと。

お尻とコロンキットの高さがありすぎると急に注入されることになり、
便意を催しやすくなるようです。態勢をあまり低くしすぎないようにしましょう。


5.説明書をよく読んで行いましょう。

これは当然のことですね。説明書どおりに行いましょう。


ということで今までのコーヒーエネマ体験から学んだことを書いてみました。

コーヒーエネマを始めるならスターターキットがお得!!


コーヒーエネマ体験記TOPへ


Copyright (C) コーヒーエネマ体験記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。