コーヒーエネマ体験記TOP ≫  やり方 ≫  コーヒーエネマをやるときの注意点

コーヒーエネマをやるときの注意点

体験記のほうと重なりますが、
私が今までコーヒーエネマを行った経験から学んだ
注意点をここにも書いておきますね。

☆コーヒー液は36〜37℃で!

これくらいの温度で行いましょう。人肌の温度ですね。
これよりも熱かったり冷たすぎるのはNG!注入した際にすぐ便意をもよおしてしまったりします。
また、私は経験したことはありませんが、極端に違う温度でやると相当痛いことになるようです。。
この点はとても重要です。コーヒー液の温度を計るための温度計を用意しておきましょう。
ちなみに私は体温計で計ってます。


☆液止めクリップがちゃんと締まってることを確認してから
コロンキットにコーヒー液を入れましょう。


当たり前なんですけど、これを忘れてしまったことがあります。
せっかく作ったコーヒー液がそのまま漏れてしまいます(笑)


☆注入途中でも、出したくなったら無理せずにトイレへGO!

コーヒー液がまだ全部注入されていないからといって、
便意がきているのを我慢しすぎると危ないです。
もちろん我慢しきれれば大丈夫ですが、我慢できないと大変なことに...
まあ大惨事になりますね。幸い、私にはその体験は今のところありません(笑)


☆極端に勢いよくコーヒー液を注入しすぎないこと。

お尻とキットの高低差をつけすぎると勢いが強くなりすぎて、
早めに便意を催しやすくなるようです。
態勢をあまり低くしすぎないよう注意をしましょう。


☆説明書をよく読んで行いましょう。

言われなくてもよく読むと思いますが(笑)
説明書も読まずにコーヒーをお尻から入れるなんて、かなりのチャレンジャーですよね。(笑)
当たり前によく読んだうえで説明書どおりに行いましょう。

コーヒーエネマを始めるならスターターキットがお得!!


コーヒーエネマ体験記TOPへ
コメント
コメント投稿フォーム:
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright (C) コーヒーエネマ体験記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。