コーヒーエネマ体験記TOP ≫  やり方 ≫  コーヒーエネマの効果を高めるために

コーヒーエネマの効果を高めるために

コーヒーエネマは腸から老廃物などを除去するデトックスの1つです。
コーヒーエネマだけでも、もちろん十分な効果はあるのですが、
水、食事、運動にも気をつけるとさらなる効果が見込めます。

まずは水分補給。
水分が不足すると、便秘の原因にもなりますし、
尿として体内の毒素を排出されにくくなるため体内に老廃物をためこんでしまいます。
また、水分をしっかり補給することで新陳代謝も活発になり、
体全体が元気になってきます。

飲む水についてですが、
できれば市販のミネラルウォーターか、
水道水を飲む場合は浄水器を通したものにしましょう。

水分補給は喉が渇いてからではなく、渇く前に飲むのが基本です。
喉が渇くというのはかなり水分不足になってからなのです。
そうなる前にしっかり補給するように心がけましょう。

飲み方のオススメは1日3回の食事の30分から1時間前に
500ccほどの水をゆっくりと飲むことです。
一気飲みではなく、ゆっくり飲んだほうがいいでしょう。
また水の温度ですが、冷たい水ではなく常温の水がオススメです。
冷たい水は内臓に負担がかかりますので。

そして、運動もとても大事ですね。
特に激しい運動をしなくてもOKです。
ジョギングなどの有酸素運動を行うようにしましょう。
定期的に運動することにより体の毛細血管が増えて、
体の隅々まで酸素が運ばれて元気になれます。
運動不足っていうのも便秘など、あらゆる症状の原因となっていますので、
しっかりと定期的に体を動かすよう心がけましょう。


最後に食事。
コーヒーエネマを広めている新谷教授によると、
コーヒーエネマと同時に食事に気を使うことで、
便秘解消などの効果だけではなく、体調がどんどんよくなるそうです。

新谷教授が推奨する食事の注意は11個。
・朝一番にコップに2杯のお湯を飲む。
・和食中心の食事にする。
・繊維質を野菜や海藻類から必ず摂る。
・生野菜や果物は食事の最初に食べる。できれば食事の20〜30分前にとるとよい。
・生野菜、温野菜と偏らずに両方をバランスよく摂る。
・脂っこいものを避ける。
・お肉よりお魚を食べる。
・揚げ物やチョコレートなど甘いものは食べ過ぎない。ストレスをためない程度、少量にとどめておく。
・お米や野菜は無農薬のものをえらぶ。できれば白米より玄米がおすすめ。
・卵は有機卵を選ぶ。抗生物質入りのえさを食べさせられていないにわとりの卵がいい。
・乳製品はなるべく食べない。

コーヒーエネマでせっかく腸内の老廃物を出すのに
老廃物となる有害物質や農薬などがたくさん含まれるものを食べるのは
あまりいいことではありませんよね。
そんなことをやっていては、腸が正常な状態に戻るのに時間がかかってしまいます。

これをすべて行うのはなかなか難しいかと思いますが、
このうちいくつかでも自分の食生活に取り入れるといいかもしれませんね。

 

コーヒーエネマを始めるならスターターキットがお得!!


コーヒーエネマ体験記TOPへ
| やり方 |
Copyright (C) コーヒーエネマ体験記. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。